毎日ブログ投稿すると、本当のココロが手に入る

こんばんは、宮内コウ@脱サラして在宅ワークで子供達と幸せになりたいアニメ好き33歳です。

ブログを毎日投稿30日間続けて、数字がどのように動いたのか分析します。

あと自分の変化も絡めていきます。

数の分析

期間:2019.12.17〜2020.1.16

日数:30日間

アナリティクス上

アクティブユーザー

0→103

103回見られたってすごいですね。

自分の記事が読まれて嬉しい。

Google AdSense上

収益

0→1070円

素直に嬉しい!

ブログ書いているだけで、1円以上の価値を生んだってことだよ!

リターンがないと、何事も続かないですからね。

記事カテゴリー別件数

心理学 13

恋愛 3

アニメ 3

2件以下のカテゴリーが11件

心理学に含めているけど、別のコンテンツとして展開すべきもの含んでいるなと感じる。

心理学というよりも、「生活の知恵」「社会に出てから苦労した話」が多いです。

ココロの問題で苦労したことも多かったし、学生期間が終了してからも大変でした。

それもこれも、学校で教えてくれることはあくまで「学問」「しつけ」の範囲内。

実生活とは違うってのが、学生終わるまでわからなかったなー。

書きやすい分野は何なのか。

まだまだ自分を掘り下げていく必要がありますね。

自分の変化

自分を捨てた

どうして今の自分はこんなに生活が苦しいのか?

どうしてお金に困ることばかりなのか?

脳裏に浮かんでくる不安の数々。

このままじゃいけないと思っていても、何も進まない。

いつまで経っても同じ生活。

朝眠い目をこすって、子供の服を着替えさせてる。

時間に追われながら家を出て出勤する。

会社では理不尽なことばかり。

教育体制が整っていないもんだから、毎日ゼロベースで物事を考えないといけない。

不安で押しつぶされる生活から逃げるために、

自前で不安を取り除くサプリを購入して、飲んでいた。

33歳の誕生日を迎えた時、ある言葉が浮かぶ。

「ああ、こんな自分は捨てよう」

何も行動しない自分が嫌になり、ネットの世界で成功している人をたくさん探した。

なにか参考になるものがあるかもしれない。

自分自身を捨て、成功者の考え方や行動をすればうまくいくかもしれない。

パンドラの箱の奥底に。

絶望の中にこそ、一つの希望が入っている。

不安を受け入れた

不安を消すことはできない。

いくら準備万端に行動していても、不測の事態はやってくる。

自分ができる限りの準備をしたとしても、周りの人が準備を怠ることもある。

思い通りにならない。

なぜ?

なぜ、こんなにも不安が生まれてくるのか!

そこでまた気づく。

「どうせ何をしても不安は湧いてくるもの。不安をすべて受け入れれば行動できる

全力で行動する

何をやるにも最初は不安が湧いてくる。

でも、「不安を受け入れる」、「自分を捨てる」の両方を実践すると、

行動ができることがわかった。

具体的な行動例が、この「Re;ココロブログ」。

どうやら、ブログをやるとお金がもらえるらしい。

GoogleやASPから広告収入がもらえるらしい。

学生時代、現代文の授業が好きだった影響で、小説のたぐいだったり演劇の脚本を書いた経験があった。

もしかしたら、自分にもできるかもしれない。

ブログの書き方をネットで探したら、「ヒトデブログ」というサイトを見つける。

何この親切で丁寧すぎるサイト。

自分はお金を1円も払っていないのに、有益な情報を見れている。

やり方通りにサイトを読みすすめる。

レンタルサーバーの契約。

ワードプレスの設定。

見栄えをよくするための「JIN」の導入。

一通りできることはすべてやった。

これで何も変わらなかったらどうしよう。

レンタルサーバー代とか「JIN」にかけたお金。

すべて無駄になってしまうのかもしれない。

と。

でも、ブログを毎日書いていると、自然と習慣化していることがわかった。

「絶対に毎日記事を書く

この一つの軸が決まったから、今まで嫌でやってこなかったこともできるようになった。

会社で困っている人がいたら、率先して解決策を考える。

家事も全力でする。細かいゴミひとつも逃さない。

夜型人間がブログを書くために朝4時に起きるようになった。

正直、しんどい。

でも「生きている」と実感がもてるようになった。

社会に出て隠してきた本来の自分。

すべてをさらけ出して。

全力で生きていく。

ブログを30日間、書くことで変わったことでした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL