ブログはやめとけ! 本気でブログはオススメしない。ブログを始めて10日間。変わったことと、変わらなかったこと

こんばんは。ブログを始めて10間。変わりすぎる日々に困惑しています。「宮内コウ」です。

今回はブログを始めて変わったことと、変わらなかったことを書いていきます。

 

1、世界が意味わかんないくらい変わって見えて、吐き気を催す

今までは会社に勤めて、給料をもらう。

それで生活していければそれでいい。

上司が「お前、明日から人事担当から経理担当に変われ。あ、しばらく人事も同時でやれよ」

と明らかな理不尽なことを言ってきたとしても、

会社人なのだから当然したがうしかない。

やらないと給料がもらえない。生活が出来ない。

そんなことになったら大変なことになる!!

と。

でも、ね。

もし、違う道があるのだとしたら?

給料を貰うためにしんどいことをするだけの道をやめていいのだとしたら?

ただ、自分が本気を出していなかったから、知らなかった道があった。

そう思うと、

今まで自分が信じていた道が間違っていたということに気づき、

トイレに駆け込んでリバースしましたね。

それほどに衝撃的なことでした。

2、しんどいのに楽しいというドM精神が舞い降りる

ブログを毎日続けること。

10日間という期間ではあるけれど、

やっていなかったことを毎日やるのって大変じゃないですか?

「最近太ったなー、ダイエットしようかなー」

と意気込んでも、大体続かないですよね。

僕もダイエットは何度も挑戦していて、失敗続きでした。

あることに気づくと勝手に痩せ始めるようになったんです。

それは「今やっていることは何故やっているの?」

というゴール設定の仕方。

今までは「痩せたい」という漠然とした気持ちだった。

痩せてから何があるの?

なんのために痩せたいの?

君は「なんのためーに うーまれて なーにをしーて いきるのかー」

という、やなせたかし「アンパンマンの歌」であるように、

お前はいったい何故やりたいの?

を自分に繰り返し聞いてみることにした。

何度も繰り返していると、答えが出た。

「健康的でカッコいい体になりたい」

身長172cm、体重82kgでBMI26。

軽肥満に相当していて、腰が痛くなることもしばしば。

でも、やってみると新しい「やり方」が目に入ってくるんです。

カッコいい体になるために何をやった?

それは自分にとって最適な方法だったのか?

最適でないから、うまくいっていないのでは?

と色々な「やり方」に目を向けるようになっていくと、

自然と答えがみえてきて、だんだんと痩せていくようになる。

正直最初はしんどかったです。

なんでこんなことをしないといけないの? もうやめたい。

でも、やってみないとわからない。

しんどいけれど、カッコいい自分になりたいから続けること2ヶ月。

−6.0kg

ああ、しんどくても目的が明確になっていると出来るものなんだ。

色々と自分にブレーキを掛けていたことを思い出してみよう。

やってみよう、と。

3、嫁に話しても本気だと信じてくれる不思議

僕は最初の会社を4日程度で辞めた。

次はアルバイトを2年間で辞める。

次の会社も2年間で辞めた。

その次は半年で辞めてくれないか? と言われる。

そんな世間ではこらえ性のないダメ人間と言われる僕です。

ですが、この2ヶ月のダイエットの成果。

それを一番近くで見ていたのは僕の嫁。

正直、こいつ何言ってるんだと思っていたかもしれませんが、

それでも、本気でやりたいことを探している姿は、

「仕方ないから、やらせよう」

に周りからも変わっていくんだなと。

今、自分の中で起こったことをありのままに話すぜ、の如く書いてみました。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL