ライフスタイル

【災害対策】生活が成り立たない。断水で困った話

災害対策本部(我が家の中の)の「コウ」です。実際職場では防火管理者甲種免許を持っており、防災担当として動いています。

今回はマンションで断水して困った話。

災害時には同じような状況になると思うので、それを想定したシミュレーションです。

  • 水が止まると困ることって何?
  • 実際にどうやって過ごしていたの?

ということを話していきます。

水が止まっても怖くない! では、いってみよう。

トイレは一度しか流せない

当たり前のことですが、水洗トイレは後ろのタンクに水を貯めていて、用を足した後に流すようになっています。毎回タンクに貯めては、流しを繰り返しているため、普段は気にもとめていないと思います。

でも今回は違った。

何も気にせずトイレに入り、大きい方をして(食事中の方申し訳ない)後ろ手で流しのレバーを引き上げました。

ザザーっと流れる音がして、

手を洗おうとしてタンクに貯める水が流れているはずの所に手をかざしました。

でも、水が出てこない。

そうだった。

今日は工事で断水する日だった!

数日前から住まいのお知らせで知ってはいたけど、すっかり忘れていましたね。

洗濯が出来ない

節水機能のある便利で家計に優しいタイプの洗濯機が増えてきました。

少しの水で洗えるドラム式洗濯機は、洗浄能力は垂直式に劣るものの画期的ではあります。

そんなドラム式洗濯機でさえ、水がなければ何も出来ません。

本当に当たり前のことですが、生活する上で大量の水を使っていたんだなと思い知らされました。

前日の夜に洗濯は済ませてあったので、

事なきを得ました。

でも、明日洗濯すればいいやーと思っていたら大量の洗濯を一気にやらなければいけませんでした。

大量に溜めてましたからね。

料理が出来ない

夕飯の準備をしようとして、冷凍庫から先日購入したブリのアラを取り出した。

レンジで解凍して、塩を振り少し放置。

臭み取りをしようと熱湯をかけようとして、やかんに水を入れようとしたら、

そうだった、断水してるんだった! 

全く学習してない僕でしたが、我が家にはウォーターサーバーが導入されていたので、そこからお湯を取り、鍋でわかしました。

いつもは熱湯をかけていましたが、今日は沸騰した鍋でゆがくやり方に変更しました。

そして、なんとか創作料理「ブリじゃが」が出来ました。

小さい大根しかなかったので、肉じゃがならぬ「ブリじゃが」を作りました。

食材も食器も洗えない

泥つきのじゃがいもを洗ってからむきむきしようとしたら、

本日なん回目の、そうだった! 断水してるんだった!

でも料理中は度々洗いたくなることが多いです。

だって魚の血が手に着いたら洗いたくなりません?

しかたなく、泥つきをそのまま剥いて、ストックしてあったメンタリストDAIGOさんおすすめの炭酸水「サンペリグリノ」を使ってじゃがいもを洗いました。

貴重な水だけど、泥の料理は食べたくない。

背に腹は変えられぬ! とドバドバ流しました。

で、どうする? 対策方法

水がないと生活が出来ないと思い知らされました。

で、どうするのかまとめました。

  1. 水を確保しておく
  2. 避難場所(別の場所)へいく
  3. あきらめて寝る

1、水を確保しておく

トイレを流す用の生活用水であれば、お風呂に水を溜めておくのがいいですね。

お風呂は230~280L程度の水が溜められるそうです。

使うたびにタンクへ補充する必要がありますが、自宅で大量の水が確保出来る場所といったらお風呂か洗濯機しかないですからね。

洗濯機も回さずに注水すればロックが働いて、水は流れずそのままですからね。機種によると思うので要確認です。

飲み水は災害対策用の長期保存ペットボトル水でも、最悪野菜ジュースなどでもいいです。

とにかく脱水にならないように注意が必要です。

2、避難場所(違う場所へ)いく

ここはもうどうしようもない。終わりだ。

新天地へ向かうぞ! のごとく、自宅を放棄する。

避難所であれば、水や食料、電気、寝る場所は一応は確保されています。

プライバシーがないなど諸事情はありますが、生きていくためにはそういう選択も必要かもしれません。

3、あきらめて寝る

自分はこれでした。

もう、何も出来ん! 寝る!

最低限の掃除はしたし、おかずは1品だけど作れた。

あとは嫁に何を言われても断水だったから、出来なかったんだー。ごめんね。と言おう。

クリスマス・イブだったので、夜ご飯はスーパーでチキンなどの惣菜を買うことになったから、

怒られずに済みました。

結論、1日だったからよかった

1日だけの断水だからよかったものの、何日も続いていたら本当に生活が崩壊していましたね。

家には自分一人しかいなかったし、家族全員いたら、トイレの水汲みだけでも大変でした。

やっぱり災害対策で非常用のものは用意しておく必要がありますね。

以上、今日の起こった出来事でした!

日本ブログランキングに参加しました。

↓↓↓

https://blog.with2.net/link/?2026209

 

 

RELATED POST