英会話

自分のものにする覚悟がない人は、英会話スクールに行ってはいけない

こんばんは、宮内コウ@脱サラして在宅ワークで子供達と幸せになりたいアニメ好き33歳です。

英会話をやりたい理由

  1. 知見を広げたい。
  2. 日本人があまりやりたがらないことをやってみたい。
  3. 英語喋れる俺カッコいい。

1,知見を広げたい

日本の人口は約1億3,000万人

これだけでも多い数だなと思いますが、

世界の人口は2019年で約77億人。

世界の人口は2019年の77億人から2030年の85億人(10%増)へ、さらに2050年には97億人(同26%)、2100年には109億人(42%)へと増えることが予測されています。

国際連合広報センターより抜粋

https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/33798/

そして、英語圏人口は15億人。

日本人:130,000,000人

英語圏:1,500,000,000

桁違いですね。(本当に1桁違いますから)

軽く見積もっても10倍の人がいます。

自分自身の知見を広げたいと考えた結果、英語を習得することができれば、

自分の知見も10倍に。いや、それ以上になるのかも。

人口が増え続けているなら、なおさらです。

2,日本人があまりやりたがないことをやってみたい

私はイレブンではない! 日本人だ!!

コードギアスネタはおいといて・・・。

多くの日本人はこう思ってるのではないでしょうか。

・英語を話す必要がない。

・英語がなくても生きていける。

・簡単な文章が読めればいい。しかも最近はGoogle先生が勝手に翻訳してくれて便利だし、さらに必要ないしー。

ボクもそうです。

正直、英会話ができるようになるのか。

時間の無駄で終わってしまうのではないか。

そういった不安や怖さはあります。

でも、やってもいないのに、やるかやらないかを判断するには時が早い。

まだ、その時ではない・・・。

次の項の内容に近いですが、「日本人がやらない」ってことは、

日本人にとってはかなり有能ですよね。

英語を習得した人=日本人にとって有能

世の中に何かしらの付加価値を、生むことができると思うんです。

近所のスーパーで買い物にきていた外国人と店員が揉めていたとする。

なんだろうな、と聞いていると、言葉の壁で困っていることがわかる。

もし英語を聞き取ることができれば、困っている外国人に

『ここのスーパーに炊飯器は置いていないよ。1マイル先の家電量販店にあるよ』

一同びっくり。何この人、英語話せるの。

助けてくれてありがとう。ってね。

3,英語喋れる俺カッコいい

やっぱりカッコいいかどうかって重要です。

あの人カッコいいなと思う人は、見た目もスマートで生き方が素晴らしい。

何事にも挑戦し続けて自信を持っている。

俺カッコいいと思えること。

自分自身に誇りもつこと。胸を張れること。

日本人、遠慮しがち。

4,具体的な教材とやり方

教材はアニメと海外ドラマ。たまに、子供向け英語。

英会話スクールに通うとか、英語に関する本を買ったりは、

あえてしません。

赤ちゃんが言葉を覚えるのに、本使ってますか?

使っていないですよね。

だから、英会話には必要ないというか、

順番が違うと思うんです。

今、このブログは文字で出来ています。

ほら、やっぱり文字は必要だし、本は必要じゃん。

そうですね。インターネットに文字を置いておくだけで、

誰でも見れて便利だし、調べれば知識が得られる。

でも、その知識は自分に染み付いているのか。

使える知識になっているのか。

人に教えることができるまでのレベルに達しているのか。

赤ちゃんが生まれて、世界を自分の目で見る。

自分の耳で聞き、学んで、何でも試す。

失敗することばかりでも挑戦し続ける。

やや話が逸れましたが、まずは赤ちゃんのようにやってみることで、

英語を自分のものにしたいと思ったんです。

ボクが英会話をやってみようという後押しをしてくれたのは、

下記リンクの人です。

AKイングリッシュという英会話スクールを経営している「Akane」さんという方です。

彼女がやっている方法をやってみようとしています。

学習方法は、真似ること。

ひたすらアウトプットすること。

恥ずかしいという気持ちは捨てました。

よし、できるかなって感じです。

日本は「恥を嫌う文化」があるから、仕方ないんですが、

それでは前に進めない。

なので、「下手な発音は恥かもしれんが、その恥すら捨てれば役に立つ」というココロで、まずはやってみます。

↓下手くそな「ワッツロング」


 

「とらドラ」がNetflixで英語吹き替えがあってビックリ

色々考えた上で、最短最速でプロから学びたい! って人は英会話スクールに行きましょう