「夫婦円満」夫が家事をやる時に注意すること3つ

こんばんは、宮内コウ@ココロアナリストです。

男性が家事をやる時に注意することです。

結婚したばかりで、家事をやることになった右も左も分からない「新米夫」におくります。記事を読んで些細(ささい)なケンカを防いで仲良くやりましょう。

家事のやり始めは「確認」事項が多い

洗濯の場合、「確認」事項が山のようにあります。

  • 洗剤の種類は適切か
  • 色柄ものは混ぜない
  • 洗濯ネットに入れたか
  • 干す時は、ぴんと引っ張ってから

などなど、たくさんあります。

え、洗濯機に放り込んで洗剤入れて、スイッチ入れるだけでしょ。

簡単だよ。

僕もそう思ってました。

でも実際にやってみると、確認すべきことは多かった。

洋服のタグには様々な注意事項があります。

  • 洗う温度
  • 洗い方
  • アイロンの温度
  • 干し方

細かい確認事項のオンパレードです。

洗濯には水の適切な「温度」設定まである。確認事項多すぎ

妻のやり方を即否定しない

ある台所。

夫と妻が立っている。

妻が夫に話しかけている。

「こっちが食器用のスポンジ。こっちがシンク用のスポンジ。二つは必ず分けてね。シンク用で食器は洗わないでね。」

「なんでこんなことやってるの? 強力な洗剤使ってるんだから、シンク用だって食器を洗えるくらい綺麗になってるんじゃないの?」

って言う。

すると、妻の顔がみるみるこわばっていく。

「なんて上から目線なの? 私が今までやってきたことを全否定するようなことはやめてほしい。努力は無駄だって言いたいの?あなたって人はいつもいつもそんなことばかり言って家事をしないくせにようやく家事をやると思ったら即否定するなんてそれでもあなたはーー

ーーー1時間後ーーーー

いい? わかった? 私のやり方が気にくわないんだった、出て行って!」

妻はなぜここまで怒ったのでしょうか。

夫は原因がわからない。

まずは実行。その後、違うやり方を提案する

まずは言われた通りにやってみる。

なんか非効率だなーとか。

別のやり方があるんじゃないかなーと思ったとしても、口を閉じる。

言いたいことがあっても、ぐっとこらえる。

男性は問題解決をしたくなりますが、

女性に言うと反発されます。

まずは一度やってみる。

やってみる=共感してくれた

となるので、まずはやってみることが大事です。

「夫婦円満」夫が家事をやる時に注意すること3つ【まとめ】

基本的なことになりますが、

お互いがお互いを尊重すること

たった一つのことが出来ていれば、関係がこじれることはないんです。

夫「今までこんなに大変な家事をやってくれていたのか、ありがとう。」

妻「慣れていない家事をやろうとしてくれたのか、ありがとう。」

いつでも感謝の気持ちを忘れずに、

お互いのパートナーとして幸せな家庭が築けるといいですね。

[jin-iconbox05]ここまで読んで面白かったら、ブックマークとツイッターのフォローをお願いします。[/jin-iconbox05]

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 「夫婦円満」夫が家事をやる時に注意すること3つ […]

トラックバック URL