恋愛

結婚は「ゴールイン」じゃない。スタートラインです【夫婦円満】

こんばんは、宮内コウ@ココロアナリストです。

この記事では、結婚はゴールじゃないよ。

あくまで幸せの過程なんだよーってことを言います。

結婚は二人の人間が、二人で同じ道を歩んでいこうねってことです。

結婚しないという選択肢もありです。あくまで結婚のレヴュー記事です。

結婚4年目、彼女と付き合って10年の経験があります。合計14年以上。

一回別れたこともありますが、基本的に高校生の時から33歳の現在まで一緒にいます。

「継続は力なり」じゃないですが、長年の経験から語ります。

結婚はゴールじゃない

最近は言われなくなりましたが、

メディアでは結婚というと、「ゴールイン」と言っていました。

結婚することが素晴らしい!と言われていました。

でも、自分は前々から、それは違うのでないか?と思っていました。

結婚しても、子供は生まれるし、老後は?

一つのゴール設定として、「結婚」を見るのはありですが、

完全なゴールとするのは違うんです。

結婚は人生の通過点

もし結婚をゴールにしていたら?

今度は結婚をゴールに設定していた場合で考えます。
お互い好き同士で結婚を決意し、結婚生活を夢見て準備します。

結婚するには準備がたくさんあります。

準備は面倒なこと、
親同士の顔合わせ、
親戚へのあいさつ

結婚式をやるなら結婚式の準備もある

やることはたくさんある
二人で課題をクリアしていく。
大変だなぁ。でも結婚というゴールのために頑張れる。
少しずつでも進んでいこうと毎日頑張る。

そして、婚姻届を提出して「結婚」という最終ゴールが達成されるとどうなるのか。その瞬間から「結婚」に価値がなくなります。

「結婚」することがゴールなんですから、結婚したら一緒にいる意味はなくなってしまうんです。

いわゆる「燃えつき症候群」ですね。

極端な言い方です。

でも、目標というのは、ある意味では達成されないもの。

というのも、目標がすべて達成されてしまったら、

目標が目標じゃなくなってしまうからなんです。

僕自身の話ですが、大学受験の時、大学に合格することを目標にしていました。

ひたすら勉強をして、行きたい大学に合格した。

でも、大学に行くのに本当に大切なことを見失っていました。

それは大学に行ったら「何のために勉強したい」のか。

という理由です。

理由がはっきりしていないもんだから、

大学に合格してからは何をやっていいのかもわからなくなりなりました。

「燃えつき症候群」なので、もう勉強はしたくない!とゲームばかりやっていました。

OK 勉強するための大学

NG ゲームするための大学

勉強するために大学に入ったはずなのに、勉強がしたくないだなんて、ひどく矛盾した考えでした。

結婚を「ゴール」にすると、結婚した後に「燃えつき症候群」を発症する。

結婚は「ゴールイン」じゃない。スタートラインです【夫婦円満】のまとめ

これからの二人の明るい未来。

スタートラインには不安がつきものです。

これから「はじめて」の連続が続くんですから当然です。

「はじめての共同生活」

「はじめての子育て」

「はじめての○○」「はじめての□□」「はじめての・・・」etc

はじめてやるんです。

失敗したっていいじゃないですか。

夫婦二人で、色々な「はじめて」を経験して乗り越えていきましょう。

同じスタートライン。

はじめの一歩は右から? 左から?

楽しんでやっていきましょう。

ここまで読んで面白かったら、ブックマークとツイッターのフォローをお願いします。