貧乏金なし 家計簿をつけるとお金がなくなる話

こんばんは。経済学部を卒業した「宮内コウ」です。

経済学部を卒業してたら、お金に強くなると思いますか?

半分はイエスで、半分はノーです。

今日はそんな話です。

家計簿をつけるなら、自分のマインドがどうなっているのかを確認してからつけること。

マインドとは自分が何を重要視しているのかということ。

1、家計簿のマイナスばかりみてはいけない

自分自身、どれくらいの収入があって、どれくらいの支出が出ているのか確認していますか?

僕は家計簿はつけていません。

一時期、つけていたこともありましたが、つけ始めて半年間。

ずっと、お金のことで困ってばかりでした。

お弁当を買う時、遊びに行く時、必要だと思って買った勉強の本。

何を買う時でも安いものが一番いい。

最安値じゃなければ悪である。

「唐揚げ弁当は600円。のり弁当は390円。じゃあ、のり弁当を買うか」

最適解を選んでいるのに、

「家計簿をつけているのにマイナスが減らない。むしろ増えている」

という状況が続いた。

何かおかしいと思い始めた。

マイナスにココロが支配され始めていたのだ。

2、マイナスを維持し続けようとしていた

経済学では人間のココロはあまり話題に上がらない。

学問であるから、理論で考えるのは当然ではある。

1+1が2ではなく、3になってしまうことはない。

でもあまりにも感情を度外視すると、おかしくなっていく。

人間はココロで動いているのだから。

一度マイナスに注目してしまうと、不安の感情が湧き上がっていく。

不安をどうにかしようとして、新しいものを買ったり、遊びにつかったりする。

という負のスパイラルがはじまっていく。

マイナスになっているのが普通なのであれば、マイナスを維持し続けようとする。

3、必要以上にマイナスになっていたら、ココロが傾いているのかも?

ココロがマイナスに傾くと、どんどんマイナスになっていく。

「奨学金も返済しているし、このままの生活になるのかぁ」

マインドがそうなっているので、当然マイナスはマイナスのまま。

マイナスが減ってきたと思うと、またマイナスになっていく。

怖い怖い。

自分自身が一番怖い存在です。

プラスに目を向けはじめたら、急に変わっていった。

残業代も減って、収入が減った。

でも自分のココロに余裕が出来た。

そうすると自分の将来のこととか、家族のこととか考える時間が増えた。

子供が成長する姿を見ていくと、

昨日には出来ないことが今日は出来ている。明日は何が出来るようになっているのかな?

と、自分のマインドがプラスになっていっているんだと確信した。

プラスになっていると、どんどんプラスになっていく。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL