全てを「循環」させる。エネルギーを止めなければ、勝手に「創造」されていく

こんばんは、みやうちコウです。

今日は自分の話。

あと、スピリチュアルな話。

 

僕は、2週間前の自分との比較をしますと、

かなりエネルギーが乗っていると感じています。

めちゃくちゃ循環している。

 

それは、なぜか?

 

というのは、

勿論、僕がイケイケで、超カッケー奴だからで、、、、

と言うのは置いておいて。

 

橋爪大輔カードリーディング」を受けたから、に尽きる。

 

受けた直後に僕が何を思っているのかは、こちらの記事でみてほしい。

橋爪大輔「スターシード」カードリーディングを受けた

 

そして、

ブログを2週間、毎日書くことを続けているのは、

僕があることに気づいたからだ。

というか、

気付かせてもらった。

 

文章を書くということは、

 

「すごいこと」

「役に立つこと」

「難しいこと」

 

をしなければいけない、と思っていた。

 

ブロガーとかアフィリエイターの方々が、

 

「文章の質」をあげるんだ!!

 

とかいう記事をたくさん書いていて、

僕もそうしなければいけない! って風になっていた。

(このブログは当初、アフィリエイト記事を書いていた。すぐに方向転換した)

 

でも、

そうじゃなかった。

 

高尚な哲学を語ることも必要なくて、

些細なことであれ、

どんなことであれ、

まずは好きにやっていいんだということ。

自由な発想で行動を起こすから、素晴らしいものが作られる。

 

「成功」とか「失敗」とか、

 

「勝った」とか「負けた」とか、

 

「優れている」とか「劣っている」とか、

 

誰かと自分を比べる必要はない。

 

だから、

自分の文章が、うまいとか下手とか、

そんなところにフォーカスしないで、

 

文章を「創造」すればいい

 

文章を書くっていうことは、

それだけで素晴らしい。

 

と、

全ての行動は「創造」であるということが腑に落ちたからだ。

 

そういうメッセージを受け取った。

 

そして、

スピリチュアル的にいうと、

エネルギーとか、愛は、堰き止めてはいけないもので、

循環」をさせていくと、次元が上昇するとか言われている。

 

だから、

今は「循環」することを意識していて、

毎日ブログを書いているのは、

 

カードリーディングを受けた時のエネルギーを失いたくないからだし、

ペリスコープ(ツイッターのライブ配信)を夜に始めたのも、一日の終わりをいい状態にして、明日に備えるためだ。

 

終わり良ければ全てよし、と。

 

 

あと、

念のために言っておくと、

僕の脳内では、批判的な声も上がっている。

 

「は、何とんでも理論に飛びついているんだ」とか、

 

「頭がおかしくなったのか、みやうちコウは」とか、

 

「アセンションとか本気で信じているの?wwww」みたいに、

 

超批判的な自分が、僕のことをも守ろうとしているのも分かっている。

 

だって、ついこの間まで、周りのことを批判して、

 

自分はこんなところでは終われない。

何かが足りない。

どうして、こんなにもうまくいかないんだ。

全ては周りのせいだ。

と言っていた自分がいたのを知っている。

 

でもね、

 

「見えない力を信じよう」

 

「神様の存在を認めよう」

 

「自分の外側に委ねよう」

 

っていうのは、

小さい頃からすでに知っていたじゃないか。

 

何かに迷った時、

 

どうすればいいのかわからない時、

 

天の神様の言う通り」

 

と、

言っていたのだから。

 

またね!

 

P.S

明日は東京都の田無神社に行ってきます。

5体の龍神様がいるらしい・・・。

 

みやうちコウ

 

↓↓サービスのやイベントお知らせはメルマガにて配信してます(*´ω`*)↓↓

【メルマガ登録はこちらまで!】

僕の考え方に共感していただける方、いいなと思った方、意外といけてんじゃん! って思った方、

お友達へのシェア大歓迎です!!

 

いつもありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月のキャンペーンは、こちら【【募集】30分1000円 限定5名 【お盆企画】8月体験個人セッション「御先祖様に祈りながら心のブロックを外す」 zoomオンライン】まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL